×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水と美容、健康

水も美容や健康には欠かせません。例年、夏になるとガブガブとスポーツドリンクやジュースを飲むことでしょう。当たり前の話ですが、汗を大量にかくことにより、体内の水分がなくなるからです。

人間の体の約60%近くは水分です。そのため、水は人間にとって、非常に重要なものと言えます。水の種類は様々で、キレイなものを摂取すれば体も元気になるし、汚れたものを吸収すれば、不健康になります。(※参考 : 水の種類

これに関係して面白い話があります。
ガン患者が、古代の地層からとれた天然水を飲み続けた結果、治ったというのです。

にわかには信じられないですよね。水に含まれるミネラルがなんらかの作用をして、汚れきった血液が綺麗になったおかげで、完治したという見方もあるみたいですが。

この話が本当かどうかはわかりませんが、ほかにも水で病気が治ったという話がたくさんあることは事実です。

軟水と硬水のどちらがいい?

コンビニでミネラルウォーターを買う時、注意してみると「硬度」が書かれいていることに気づきます。

水には、主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれています。これらが、1000ミリリットルの中に溶けている量を表した数値を硬度と言うわけです。

また、たくさん含まれているものを硬水、比較的少ないのを軟水と呼びます。日本では、生活用水の80%が、後者にあたります。特徴としては、浸透が早く、吸収性にすぐれている点があります。
簡単にいえば、体に負担がかからずに代謝してくれるという事です。そのため、体が弱っている方、老人、子供には適していると言われています。

逆に、硬水はミネラルバランスが良いため、俗に言う「おいしい」と言われる事が多いです。また、スポーツ後の水分・栄養補給には最適です。ただ、日本人にはあまり合っていないため、お腹を壊したりすることがあります。そのため、慣れない内は、大量に飲むのは控えたほうが良いと言えるでしょう。

このように、それぞれ含まれている成分が違うため、飲み方も異なります。そして、コーヒーや紅茶で使用した場合、軟水の方が美味しいと言われています。色々な方法がありますので、自分なりに使い分けてみると、楽しみ方が増えるかもしれません。

健康と美容に欠かせない

いくら美容にいい食事をしても、やっぱり水がないと効果が薄れてしまうと思います。毎日水をたくさん飲んで、体に水分が満ち溢れた状態でこそ、成分を有効に活用できるようになる・・こう考えると水の力って素晴らしいですね!

たかが水・・されど水です。

最近では、水素水が体にいいと言われていますが、根拠が乏しく厚生労働省からおしかりを受けたようなことを耳にしました。

世の中には、営利目的の商品が満ち溢れていることを考えると、ただ同然の水を毎日飲んで、規則正しい生活をすることが美容と健康にとって最も重要なのかもしれませんね。